■11月のサロン・ド・Setsuko「絽刺し教室」
~サロン・ド・Setsuko~

絽刺し教室

講師:久保 万里先生
(京都・九保九工房主宰)


b0029087_21121971.jpg

                         ▲小林節子作「葉書入れ」

2007年11月1日(木)
10:00~16:00の間
参加費:3000円
(材料費別途)


「絽刺し」は、古くから続く伝統工芸です。
木枠に張った絽の生地の目に、一針一針絹糸を刺して行く単純作業。
具象でも幾何学模様でも如何様にも意匠を凝らせるのが、絽刺しの面白さです。
香淳皇后様もたしなまれたと言う、この美しい趣味事は、
刺し手が減った現在でも、有志により綿々と続けられています。

b0029087_2113530.jpg年齢に関わらずどなたでも、いつでも始める事ができる上、
場所もほとんど取ることがありません。
最初は小さい作品から、やがてはハンドバッグや帯にも挑戦して頂けると思います。
久保先生は、毎月、京都からわざわざ原村までお越しくださいます。
一度始めたらはまること確実の楽しさ!
是非、お気軽にご参加ください。

 
                                    ※久保先生ご夫妻

■ご予約・お問合せは・・・
    輪の舎(りんのしゃ)リングリンクホール >>Map
    電話:0266-75-3727
    E-mail:info@ringlink.net
           >>予約する


>>>「小林節子の原村生活」Homeへ戻る

[PR]
by rin-no-sha | 2007-10-28 21:33 | イベント情報
<< ■九保九工房が明治記念館へ! ■10月のサロン・ド・Sets... >>