■貸ホールイベント
八ヶ岳 秋桜コンサート
               唄と語り 佐藤慧子

 ヒロシマをシャンソンで語る---
  黒い雨に驚き、空を見上げ、
  閃光に焼きただれ逃げまどうたくさんの人を見た
  幼かった私は今・・・

b0029087_18345118.jpg

日時:2005年9月18日(日) 午後2時30分開場・午後3時開演 
会費:2000円(お茶付き)

  ■ご予約・お問い合わせ
         E-mail : info@ringlink.net  
         TEL&FAX : 0266-75-3727
                 045-891-9115(佐藤)
 
            ※ご予約の際は、お名前・電話番号・人数をお知らせください。  



佐藤慧子さんは、小学校1年生のとき、爆心地からわずか3.6キロの広島市郊外の自宅で被爆しました。「二度と思い出したくない」と、以来決して被爆体験を語ることはありませんでした。やがて結婚して広島を離れ、横浜へ。子育てを終えて出会ったのがシャンソン。魅力にとりつかれ、戸川昌子さんや三浦高広さんに師事。本格的にシャンソンを学びました。

過去を封じ込めてきた慧子さんが変わったのは、湾岸戦争。ニュースで聞いたサイレンの音に、あの日見た悲惨な光景が甦りました。二度と戦争が起こらぬよう、自分の体験を伝えていこう・・・。以来、シャンソンを歌いながら、自身の被爆体験を語るコンサートを地道に続けていらっしゃいます。今回、ぜひリングリンクホールでコンサートをとのお申し出があり、このイベントが実現しました。お若い方もぜひおでかけください。

 佐藤 慧子(けいこ)
   広島市出身 横浜市栄区在住
   日本シャンソン協会会員 栄区シャンソン同好会会員
   子育てを終え、シャンソンの勉強を始める。
   戸川昌子氏、三浦高広氏に師事。
   幼い時の被爆体験を語りながら、シャンソン・コンサート活動。
   社会福祉法人「訪問の家」後援会会長。ノ・コパン実行委員長。
   鎌倉日仏協会会員で「フランスの童謡をフランス語で楽しむ会」を指導。
   ふれあいショップ「さんぽみち」土曜コンサート出演。
[PR]
by rin-no-sha | 2005-09-04 19:12 | イベント情報
<< ■リングリンク・ホール9月のイベント ■東京新聞「わが街 わが友」連... >>